2010年7月14日

>研「可哀想な紅魔館の面々・・・じゃ、僕は先に帰るから。」
>バリカン「えぇっ!?」
危険なことにはかかわらない方が良いということでw

>パチュリー・さとり・ロボ、美鈴「デュエッ!!」
>ロボ「・・・所で、さっきの何の効果が?」
>パチュリー「満足気分になる。」
デュエッ!\(`д´)ゝ\(`д´)ゝ\(`д´)ゝ\(`д´)ゝ
チームサティスファクションの戦闘開始ポーズですねw

>レ「さぁて、神社に泊まりに行く準備ができた、と」
>小「あぁ!!私も連れてって下さい!!」
>レ「お前も被害者だったのか」
しかしその神社も潰れてしまっているというw

>パチェ「二人とも止まりなさい!さもないとお仕置きよ!」
>さとり「こいし!暴れちゃ駄目よ!止まりなさい!」
>美鈴「妹様!今ここで遊ばれると回りに被害が出ます!」
>ロボ「悪いことは言わないから止まるんだ!!」
>お燐「お空!その二人から一旦離れて!」
>お空「な、なんだかよくわからないけどわかった!」
>咲夜「あなたも腕から離れなさい!」
>美鈴「私達4人以外はここから避難してください!」
>ロボ「後は私達がやる!」
>咲夜「わ、わかったわ!」
>パチェ「行くわよ!三人とも!」
>フラン「……よくもここまで来たものだ」
>さとり「……は?」
>こいし「貴様等は私達の全てを奪ってしまった」
>フラン「これは許されざる反逆行為といえよう」
>美鈴「い、妹様…?」
>こいし「この最終鬼畜兵器をもって」
>フラン「貴様等の罪に私達自らが」
>フラン&こいし「処罰を与える」
>パチェ「ッ!?」
>さとり「なにこの……とてつもない威圧感と殺気は…」
>美鈴「あわわわわわわわわ……(ガクガク)」
>ロボ「まずい!このままだと死ぬぞ!みんなここから逃げるんだ!!」
>フラン&こいし「死 ぬ が よ い」
紅魔館というか幻想郷が危ないw





2010年7月13日

>霊「ふぅ、これで一段落ね」
>夢「え!?いいのアレ!!」
>霊「私に無断でやって神社吹っ飛ばしてくれたんだもの。…ネェ」
>夢「ヒ…ヒィィィィ!!」

>神「だから直してんじゃないか」
>諏「んだんだ」
>早「諏訪子様言葉遣いが…」
まぁ、夢美が調査したいってのを霊夢が無視したので
あまり強くは当たれないでしょうw

>ジュラルの魔王「おーい、皆逃げろー!早くしないと館が吹っ飛ぶぞー!」
>社長「逃げろ―!!」
アッーーー!!!

>霊夢「(良かった・・・早く出て・・・)」
安心してることでしょうw

>お燐「いやいや私が」
>空・こいし「「どうぞどうぞ」」
なんというお笑いトリオ!w





2010年6月14日

>こいし VS制御システム(FF4)

>防衛システム「回復!!」 制御システムのHP3000回復!!
>迎撃システム「透過レーザー!!」 強烈なレーザーが降り注ぐ…が全部避けられた!!

>こいし「んーと、じゃあ行くよー!!」
>こいしの弾幕が防衛システムを破壊!!

>美鈴「これであと迎撃システムを倒せば…」 
>早苗「終わりですね…あれ、何で制御システムを攻撃してるんでしょう?」

>美鈴と早苗が話している間に制御システムが倒された。
>こいし「あとはー…これで終わり♪」
>迎撃システムが破壊された、 Winner こいし

>魔理沙「せめて物体199くらい使わせてやれよ…。」
>霊夢「無意識に倒す順番が分かったのね。」
>美鈴・早苗「???」
>魔理沙「(この二人は分かっていないみたいだな)なんなら戦ってみるか?」

>おまけ
>美鈴&早苗 VS制御システム
>始まって直ぐに美鈴達は迎撃・防衛システムを破壊した。
>美鈴「これであとはアイツだけ…!?」 
>早苗「あれは…黒いエネルギー!!?」
>制御システム「物体199」 美鈴に9999のダメージ!! 早苗にも9999のダメージ!! Winner 制御システム

>魔理沙「そんな単純なシステムな訳無いだろうが。」
>霊夢「二人にけしかけておいて言う台詞か…。」
FF4 月の敵が強すぎてクリアーしてないんですよね(^^;
制御システム出てきたっけな・・・

>お空「イワ―――ク!!」
他全員も同じような事に

>こ「よく避けたね。勘が良いのかな」
>霊「よく言われるわ」
>こ「それとも胸が小さいからかな」
>霊「そんなもん関係ないわよ!!」

>美「確かに関係なかったわ…」
>空「うん…」
>早「ですねぇ…」
>魔「シャラァァァァップ!!」
ギリギリで避けるなら無い方が避けやすい・・・のか?

>鬼柳「こんの、裏切り者ぉぉぉ!!」
>凡骨「イワ――――――――ク!!」
この場合はあたった方が運がなかったということで

>お空「いやだ・・・私は・・・負けたくないぃぃぃ!!」
>(チュドーン!!)
そして負ける・・・その負け方は死亡するな(^^;





2010年6月11日

>橘「ヒトヲオチョクットブットバスゾ!」
霊夢は警告でなく殴ると言う宣言をw

>お空「やる気?私の力は強いわよ。」
>霊夢「当らなければどうという事はない」
どんな力も当たんなきゃ意味ないですもんねー

>王様「うるさいZE!少し黙ってろ!」
>霊夢「あんたもね。」
>王様「ウワァァァ!」
>霊夢「泣き逃げすんな!」
>王様「すまない・・・。」
>霊夢「しかも戻って謝った!?」
王様はヘタレが良く似合うなぁ

>三沢「そうだ!もっと気合い入れて!」
>霊夢「誰?いついたの?」
>三沢「・・・(ロボが地底に突入する時から)ずっといたぁ!!」
アン・ドゥ・ドロー!


2010年6月9日

>美「…いや、あれ拳じゃなくて脚だから」
>魔「細かいことは気にするな。言葉のアヤだ」
>文「呼びましたか?」
>霊・美「呼んでな〜い!!」
>魔「あぁ〜ぁ…」
実際の元ネタでも拳って言ってるんですけどねw

>霊夢「こいつ・・・ニュータイプか!?」
>美鈴「多分、違うと思う。」
動きを読むのとはちょっと違う感じですからねw

>お空「完全復活!パーフェクト空だぜ!!」
>凡骨「あ、それ俺のセリフ!」
いや、殴られたショックでパーフェクトじゃないかもしれないw





2010年5月31日

>霊夢「だったら、天下一武闘会に出たら?」
>こいし「そんな凄いものがあるんだ〜♪」
>霊夢「まぁ、ヤムチャ倒せるほどの腕があればね」
ヤムチャじゃどうしようもないようなw

>こいし「そして、『貴方はもう死んでいる』って言いたいの♪」
>霊夢「・・・その台詞、どうやって知ったの?」
幻想郷じゃ何を知ってても不思議ではないw

>霊夢「(駄目だ・・・この少女と言い、魔理沙といい・・・早く何とかしないと・・・。)」
メイリン劇場だと霊夢自信も何とかしないとw

>霊「めんどくさいから精霊憑依(ポゼッション)するわよ」
>魔(サイ○スターだぜ・・・)
>早(サ○バスターですね…)
>こ(○イバスターだ・・・)
皆知っているww

>美「…変身した私の存在は…?」
>ロ「お前の立ち位置はそんなところだろうな」
>美「そんなぁ〜」
>ヤ「あんたらまだマシだって」
まぁ、美鈴のポジションは可愛そうなポジションがおおいですからね(^^;

>ジャッジメン「ところで霊夢、なかなかセクシーな姿してるな..ついにグラビアにでもデビューか?w」
>霊夢「むしろそれで儲かるならいくらでもやってるわエセ紳士!!(泣」
金のためならなんでもしそうな霊夢w





2010年4月12日

>パチェ「流した汗さえも燃える…
>ここは2000℃のマグマ蠢く灼熱地獄。
>しかし妖しく黒光りする太陽の前ではそれすらも生ぬる     い。
>うねるコロナを越えた先に待つのは更なる地獄か。
>極楽か。
>次回、装甲騎兵ロボメイリン「烈日」
>黒点の下で鴉が驕る。」
装甲騎兵というとボトムズですかね?
見たこと無いんで良くわからないですが(^^;

>夢「いわゆる安全弁ね」
>咲「何ですかそれは」
>夢「圧力が高まりすぎれば爆発の危険があるでしょう?
>だからある一定以上の余分なエネルギーを逃がすための弁なの」
>咲「なるほど…そういうものなんですね」

>空「…さっき私が言った…って何を言ったんだっけ?」
おくうはやはり鳥頭なんだろうか・・・





2010年4月9日

>咲夜「撤退の許可をー!」
>パチュリー「撤退は許可できない。戦闘を続行せよ!」
咲夜さんの台詞物凄い死亡フラグっぽいですよねww

>咲夜「神の力…ここまでとは……」
>お空「あぁ……この力を下さった聖帝様には感謝しなくちゃね…」
>ロボ「聖…帝……」
>お空「今こそ力を試すとき、南斗の力、受けてみよ!」
>咲夜「南斗……何処かで聞いた事が」
>ロボ「ほう……ここにも南斗の使い手が居たのか…」
>咲夜「ロボ!?」
>ロボ「ならば私も乱世の拳で相手をしよう……」
>お空「何!?」
>ロボ「北斗神拳!!」
>咲夜「え!?何がどうなってるの!?」
>お空「北斗神拳伝承者か……ならばこちらも南斗極星の拳の伝承者として奥義を尽くさねばなるまい!」
>咲夜「え!?南斗極星の拳!?伝承者!?まさか!!」
>ロボ「…………」
>お空「南斗鳳凰拳奥義 天翔十字鳳!!」
>咲夜「あの構えは!!そんな……」
>ロボ「ならばその礼に応えてやろう!ハァァァァァァ……」
>咲夜「ロ、ロボ……確かこの構えは…前にパチュリー様の持っていた本で見た、北斗神拳秘奥義 天破の構え!」
>お空「行くぞ…天空に極星は二つはいらぬ!」
そういえばなんでお空ってサウザーになったんですかね?
その辺のネタどこからきてるかわかんないんですよねw

>研「ゆくぞ〜!」
>咲夜「どうせ、戦うのは私達だけよ」
まったくもってw

>ロボ「仕方がない…コードDTDを使うしかない!」
>咲夜「な、何それ?」
>ロボ(DTD)「コードDTD発動〜!」
>咲夜「ロ、ロボ?」
>ロボ「ん〜?何かな〜」
>咲夜「!?(せ、性格が…!)」
>おくう「うにゅ?」
了解しましたメイド野郎とか言うんですね(笑





2010年3月29日

>咲「と、言うわけで行くわよ!!格ゲー未経験者!!」
>燐「む!!人(?)が気にしてることを〜!!」
>ロ「傷の抉りあいだ…」
お空はでてるんですけどねぇw

>よりぬき銀魂さんのCM
>銀さん「そんなわけで最終回終わったけどさ〜銀さんあんま出番無いよね!てか神楽が主人公みたいな感じじゃねーか!(怒)」
>神楽「何言ってるアルか!ヒロインが最終回を飾るのはお約束アルよ!(怒)」
>銀さん「誰がヒロインだ!?いい加減にしろよ!テメーはただの飾りだ!主人公を目立たせるための飾りなんだよ!(怒)」
>神楽「誰が飾りアルか!この腐れパーマ!私が居なきゃとっくに銀魂は終わってたね!(怒)」
>銀さん「おい!人が気にしてる事言うんじゃねーよ!この○○娘!(激怒)」
>神楽「なんですって!今の言葉をもう一回行ってみなさいキョン!(ハルヒ)」
>銀さん「神楽ちゃーんキャラ変わってるよーてかそれ別のアニメのキャラじゃねーか!(苦怒)」
>ハルヒ「そんなの事どーでも良いわ!キョン!さっき言った事の罰は何がいいかしら?(怒)」
>銀さん「キョン此処に居ないからー!お願い神楽ちゃーんキャラ戻してー(悲)」
>神楽「いや」
>銀さん「あっさりおい!」
>新八「てか・・・・宣伝してないよね(苦)」
>銀さん・神楽「・・・・・あ・・・・」
>銀さん「・・・そんなわけで4月5日月曜6:00から放送します!」
>神楽「楽しみに待ってるアルよ〜」
>新八「僕出番無いじゃん!」
>CM終了
はたして総集編だけでやるのか
それとも新作かっとを少しだけ追加して放送するのか…
銀魂のことだからどうなるかわかりませよねw





2010年3月15日

>ロ「は、は、話せば分かる!!」
>咲「えぇ、ゆ〜っくりと聞かせてもらうわ」
>ロ「ひ…!!!!」
>さ「…私はああいうのと戦っていたのね…味方に容赦ないなんて…恐ろしい敵だわ。お願いだから早く地上に帰って…」
咲夜さんを敵に回してはいけないと言う良い例ですねw

>社長「俺の告白(?)の愛は100万ボルトDA!」
>さとり「只者じゃない変な奴がいるわよ!」
>ロボ「過信は自滅を招くぞ!」
>咲夜「消えてしまえばいい・・・!」
>社長「貴様―――!!」
さとりも社長の思考には引くかもしれませんねw

>ロボお前の事は忘れない・・・
>ロボ「まだバラされてないからな!」
>咲夜「すぐにばらすけどね」
>美鈴「出番がない・・・」
>パチュリー「なんかいやな予感が(特にロボに)」
>岡崎サイコー「私も今はロボのコントロールをしたくない絶対に!」
今ロボが誰かに変わったら大惨事になりそうですね(^^;

>「汚い?いいえ、戦略です」と言えば誰も納得する筈
>松岡「なわけねぇだろ!」
東から風が・・・

>研「ロボ美鈴、他人のプライバシーを侵害する話はいけない事で許されないんDA。」
一度くらいいいじゃないか





2010年2月25日

>咲夜「どうやってやったか知らないけど、著作権侵害よ!」
>さとり「えっそうなの?」
>ロボ「多分・・・。」
著作があるのかどうかw

>さとり「あと、あんたのお嬢様の妹のスペルを真似しようとしたけど、扱いにくそうだったわ。」
>咲夜「まぁ、扱えるのは妹様のみですから。」
さとりが4人に分身とか出来ないでしょうからねw

>レミリア「・・・。」
>パチュリー「どうしたのレミィ?」
>レミリア「何だか、私のお気に入りのスペルが発動した気分だわ。」
ぱくられた本人にも何か影響があるのだろうかw

>さとり「そこのロボ美鈴とやら、覚悟しなさい・・・。」
>研「それは僕の言う言葉だ!」
>ロボ「どちら様!?」
>チントン「ちは〜チントン亭で〜す。」
>咲夜「しかも、増えている!?」
>魔王「気にするな!」
>チントン「一体、何がどうなっているの〜?」
なんだ〜 ラーメン屋さんかぁ





2010年2月22日

>ロボ「今まで戦えなかった分戦って満足するしかねぇ!!」
>咲夜「ロボが壊れた?」
>ロボ「ワールドチャンピオンシップ2010を買って満足するしかねぇ」
>咲夜「・・・・新しいパックも発売近かったわね」
>鳴滝「おのれコナミ!貴様のせいで私の財布は破壊されてしまった!ディケイドをけしかけて貴様を破壊してやる!!」
>咲夜「関係なのがいるけど取り合えずロボがんばりなさい」
>ロボ「うおおおおおおおお満足してやるーーーーー!」 
>咲夜「そっち!?」
>さとり「心読めなくて良かった気がする」
そういえば今回の新パックでインフェルニティが強化されましたねー
しかしインフェルニティの最初のカードはゲーム付属だから手に入れにくい(^^;

>ロ「もう散々だ…助けてくれ」
>紫「私に言われてもねぇ…」
>夢「まぁまぁ、もうちょっとだから頑張って」
>ロ「誰のせいだと思ってるんだ!!」
操縦者空き放題やってますからねぇw

>パチュリー「と言う訳で・・・砕け!ロボ!」
>岡崎「パンチだ!ロボ!」
アーサー
って違うかw





2010年2月18日

>サトリ「あなたの最初の攻撃は左腕ね」
>咲夜「!?」
>ロボ「な、何故そんなことがわかr… もしかして心を読めるのか!?」
>サトリ「Exactly」
>咲夜「しかし…だ、お前は相手を間違えている……」
>サトリ「何!?」
>ロボ「さ、咲夜…?」
>咲夜「お望みどおり左腕で攻撃してあげよう…ただし…」
>サトリ「!?あなたまさか時を止めt」
>咲夜「遅い!THE WORLD!!」
>――――――――――――――――――――――――――
>咲夜「そして時は動き出す」
>サトリ「ぐはっ!」
>咲夜「質問だ…弾幕で止めを刺すか?打撃で止めを刺すか当ててみな」
>サトリ「ひ…ひと思いに弾幕で…やってくれ」
>咲夜「(NO!NO!NO!)」
>サトリ「だ…打撃?」
>咲夜「(NO!NO!NO!)」
>サトリ「り…りょうほーですかあああ〜。」
>咲夜「(YES!YES!YES!)」
>サトリ「もしかして「咲夜の世界」ですかーッ!?」
>ロボ「(YES!YES!YES!Oh…my god)」
>咲夜「「咲夜の世界」!!」
さとりが小物に(^^;

>王様「(!?まさか・・・!)」
>さとり「『心を読んでいるのか!?』と思っているわね?そうよ」
>王様「!?(やはり、ペガサス同様、心を読んでいる!?)」
そういえばベガサスも心読むんでしたっけw





2010年2月17日

>顔芸「ふふふ・・・こいつは心が読める能力だな(知ったか)」
>さとり「あら、正解よ。」
>顔芸「何いっ!?」
顔芸w
そういえばさとりは心が読めるの隠してませんね

>社長「ならば俺は→に賭ける!→→→A・DA―――!」
>王様「意味☆不明」
意味不明(^^;

>咲夜「な、何かしら・・・お嬢様と同じオーロラを感じる・・!」
>ロボ「ロリだからか?」
さとりって服が幼く見えるだけで本当にロリなのか・・・w





2010年2月11日

>ガンバライドの以下略「次の対戦相手は地獄の死体運送屋!火炎猫燐ネコフォーム!さーどんな戦いを見せてくれるんだ!ガンバラーイド!」
>ロボ「そんな事より私は全然戦ってないぞ!」
>咲夜「そう言えばそうね」
>ロボ「今度こそは私が戦って・・・・・・・・・」
>咲夜「どうしたの?」
>ロボ「・・・もう良いや」
>咲夜「諦めた!」
>ガンバラ以下略「諦めたぞーさーこのままではまともにー・・叩けえるから問題ないぞ!
>(岡崎・パチェが戦えるから)」
どこかでロボに活躍させたいですが〜
どこになるやら(^^;

>本部「よし!5分後に敵本部へ突入だ!」
>EDF隊員「おお―――!!」
EDF!EDF!

>橙「藍様…私、地獄猫になってきます!!」
>藍「早まるなちぇぇぇぇん!!紫さま〜!!私はどうすれば良いのですか〜!?」

>紫「…あっちでもこっちでもくだらない事になってるわねぇ…」
そういえばメイリン劇場で橙って喋って・・・ない?





2010年2月3日

>『イエロードラゴンは魔力を吸収する!』
>勇儀「魔力を吸収しても…ねえ。」
>『プラズm』(ピチューン)
>勇儀「私は魔法よりも(ぐっと拳を握った)こっちの方が得意なんだ。」

>教授「簡単に解説をすると、イエロードラゴンが弱かった訳じゃないのよ。こいつの能力は『魔力を吸収する』、
>つまりこいつの近くでは殆どの魔法が使えないって事。
>イエロードラゴンにとってあの鬼は相性が最悪だったと言えるでしょうね。」
つまり魔理沙では勝てないと言うことですね

>ガンバライドのナレーションの声(おおっと!杯に命中したぞ!このままでは酒がこぼれて勇義が負けてしまうぞ!)
>ロボ岡崎(え?プレイヤーサイド遊戯・・・・じゃなかった勇儀なの?)
>魔理沙(なんか物凄く出番を逃してる気がするぜ)
>霊夢(気のせいじゃない?)
>魔理沙(私も地下を調べに行こうかな?出番でそうだし)
霊夢たちは地下に潜ってること知らないんですけどねw

>杯(俺この戦い終わったら結婚するんだ!)
>パチェ(なんか死亡フラグを感じるわ)
>ネタは空飛ぶ死亡フラグPJですエースコンバットzeroに出てくる
あ、そのネタってエースコンバットだったんですか
良く聞くネタだけど元ネタしらなかったw





2010年2月2日

>咲「どうやら節分には間に合いそうね。というかむしろ節分に倒せそう?」
>夢「意図せずしてそうなったわね」
>勇「やれるもんならやってみな!!そんな不条理打ち砕いてやるさ!!」
果たしてどのタイミングで倒せますかねw

>鬼VS挑戦者B ギャレン選手
>橘「ニゴリエースハオレノモノダー!ヘンジン!」
>勇儀「お?何だか凄そうな奴が出たな。」
>ギャレン「パンツハワタサン!(射撃)」
>勇儀「(ガード)やるねぇ・・・だけど、そんな攻撃じゃ・・。」
>(ドロップ+ファイヤ+ジェミニ=バーニングディバイト!)
>ギャレン「ザヨゴ――――――!!」
>勇儀「なっ!?よっと!」
>(勇儀とギャレンの攻撃の相撃ちで爆発!ギャレンの変身解除)
>橘「恐怖心、俺の心に恐怖心・・・ウワァァァァァ!!」
>勇儀「な、何だか心が不安定だな〜。」
>橘「オデノカラダハボトボトダ!!」
>剣崎「ウソダドンドコドーン!!」

>夢美「・・・誰かディケイド呼んでもらえる?」
これはディケイドで出てきたブレイドとは違う世界のブレイド!

・・・そういえばディケイドのラストで出てきた剣崎君はなんだったんだろう・・・





2010年2月1日

>鬼VS挑戦者A 夜神月
>勇儀「お?何だか頭のよさそうな奴だな〜。」
>月「取りあえず、対戦の前に名前を教えてください。」
>勇儀「名前?・・・星熊勇儀だけど?」
>月「(鬼って結構、馬鹿な奴だ・・・ユウギ、と・・・)」
>(にらみ合って38秒後)
>月「(そろそろか・・・)ユウギ、僕の勝ちだ!」
>勇儀「へ?」
>(そして40!!・・・沈黙)
>勇儀「?」
>月「(し、死なない!?馬鹿な!?)ん?(とある方を見る)」
>モクバ「ゆ、遊戯の奴、息してないぜ!」
>社長「な、何!?あまりに非ィ科学的だ!!」
>2人「・・・・・・・・・・。」
>勇儀「・・・・・・”ゆうぎ”?ってかノートに何書いた?」
>月「!?わ、罠だ・・・これは罠だ!!」
>勇儀「粉バナナ?」
>月「ノートに名前を書いても死なないってのはおかしいじゃないか!」
>勇儀「・・・ばらしてるぞ?」
>月「!!(殺される!?)・・・ならば、ノートが本物か・・・偽物か!?(腕時計のノートに書き込もうとする)」
>勇儀「いつの間に!だけど、今度はそうさせないね!」
>(勇儀の攻撃!月、受けまくり)
>月「グハッ!」
>勇儀「ヤレヤレ・・・危うくやられる所だったよ・・・。」

>夢美「頭が良くても時に計画が狂う時がある・・・。」
>咲夜「というか、名前違いで助かったのね・・・・。」
漢字わかんないと使えないのも問題ですよねぇ(^^;





2010年1月27日

>『ホーリードラゴンは天使を従えている!』
>勇儀「? 何だか良く判らないけど、行くよ!!」
>『ケアルガ』
>勇儀「…回復か、厄介な能力だね。じゃあ手数を増やして、回復する暇も与えないよ。」
>『ケアルガ、ケアルガ、ケアルガ、ケアルg(以下略…』
>勇儀「はぁ、はぁ…何ちゅう回復能力だ、これじゃあ打つ手が無い。…待てよ、あいつ、もしかして攻撃を受けるたびに回復しているのか…?なら一撃の威力を重視すれば!」
>『ケアルガ』
>勇儀「思った通り、全力でやれば少しはダメージが通るみたいだね。だったらやる事は簡単だ!」

>数分後…
>勇儀「…やっと終わったよ、強いと言うより面倒なだけだったね。」

>咲夜「この場合って普通回復手段を封じる事を考えるわよね。」
>教授「強いって言っても所詮鬼は単純だしね。…まあ私と比べたら全員単純だけど。」
ホーリードラゴンって何で出てきましたっけ?
戦ったことあるような無いような





2010年1月25日

>凡骨「イワ―――ク!!」
>岡崎「あら?何か当たった?」
凡骨は良く被弾するなぁw

>鬼VS挑戦者 @「キュイ選手」
>キュイ「ふふふ・・・流石は鬼だ。いい戦闘力だぜ。」
>勇儀「ん?誰だいあんた?」
>キュイ「どうだ?ここでフリーザ様の配下につかないか?暴れまくれるぜ〜?」
>勇儀「え〜あたしはここが気に入ってるし・・・。」
>キュイ「くくく、フリーザ様に抵抗するとどうなるか・・・あっフリーザ様!」
>勇儀「?誰だ?(振り向く)」
>キュイ「すきあり――――!!!」
>(チュドドドドーン!)
>キュイ「ふはははは!パワーが上でもこれでは防ぎようが・・・。」
>勇儀「・・・。」
>キュイ「何っ!?」
>勇儀「鬼ってさ・・・嘘は嫌いなんだ・・・!」
>キュイ「ちょっ!?」
>(ピチューン!)
>べジータ「へっ、きたねぇ花火だぜ・・・!」
さすがキュイ 汚い

>岡「だったら…これよ!!ツインバスターライフル!!」
>咲「大きな銃が二つ!?」
>勇「おぅ、かかってこい!!」

>紫「幻想郷の危機!?」
>パ「月のマイクロウェーブを使う兵器よりは…と思ったけどコロニー消滅してるのよね」
そのうち教授はツインバスター使いそうですねw





2010年1月21日

>岡崎「鬼!?そいつはいいy・・・うわぁぁぁぁぁ」
>霊夢「柿・・岡崎ぃぃぃぃ!」
マークーロス

>『レッドドラゴンは力を得るために生命力を犠牲にしている!
>こちらの攻撃を受け付けない!』
>勇儀「んっ、何する気だ?」
>『戦う、ファイガ、ファイガ』
>勇儀「何だ、そんな炎じゃ私には効かないよ。」
>『戦う、戦う、戦う、戦う、戦う、戦う、戦う、戦う』
>勇儀「随分と手数が多いじゃないか、だがパワーが足りないね。」
>『赤い牙、フレアスター』
>勇儀「!、ちっとはやるじゃないか。」
>『…アルテマ!!』
>勇儀「こ、これは…!!」

>勇儀「……い、今のはかなり効いた、危なかったよ。」
>『レッドドラゴンの生命力が尽きた…』
>勇儀「結局なんだったんだ、今のは?でもいい根性してたね。」

>ロボ「ア、アルテマって…。」
>咲夜「しかも耐えるなんて…。」
えーっと どんな展開になってるんでしょうか(^^;

>ロ「また変わったのか!!」
>小「ようこそ〜♪」
>ロ「またお前か!!一体何なんだ!!」
>小「だから、パチュリー様達に暇つぶしに転送システムを貰ったんですよ。…どうせ出番ないし」
>ロ「おい…」
>小「そう…どうせ…私の…出番なんて…」
>ロ「…ま、まぁ…そう気を落とすな…」
>小「ひっぐ…ひっぐ…」
正直なところ小悪魔の性格って良くわかんないんですよねぇ(^^;





2009年12月21日

>顔芸「ふふふ・・・まさにワンターンキル!」
>ヤマメのターン→咲夜の反撃→デュエル終了ってなこと故に
確かにワンターンキルですなw
1ボスは可愛そうな運命だなぁ(^^;

>咲夜「そして盥妖怪の頭に刺さったナイフにパンチして追加攻撃!」
>ロボ「もう止めろ!とっくに2人のライフは0だぞ!」
ナイフを更に食い込ませるのは鬼過ぎるw

>キ「…能力使ってよ」
>ヤ「その前に回復させてよ…」
時止まってる中では能力も何もないですけどねw

>DIO「ほぅ、あの蜘蛛女、あのジョセフと同じように答えを出すとは……」
>アカギ「しかし、まぁ……同じこと」
>カイジ「すげぇ…すげぇ!」
>咲夜「もともとこの予定だったわよ」
>兵藤「面白かったよ…実に面白かった」
>ロボ「時を止めるのは構わないがせめてもう少し戦わせてあげろよ…」
>咲夜「あら、私はそこの人と同じような考えでやったまでよ?」
>DIO「ふん、過程や方法などどうでもいいと言いたいのか…生意気だな」
>咲夜「そこは同じ能力使いのよしみとしていいじゃない別に」
>DIO「ふん……」

>パチェ「どうしよう…」
>紫「とりあえず関係ない奴らを外に出さなきゃ…」
展開的にどうコメント返していいかわからなくなってきましたよ(^^;





2009年12月18日

>咲夜「紅魔館のメイドは滅びぬ・・・何度でも蘇るさ!」
しかしその台詞は妹紅のほうが似合いそうなw

>(4コマ目にほど同時に)
>オンドゥル「ウェッ!?」
>王様「うぇぇぇぇっ!?」
ウェーイ(0w0)

>咲夜「ご覧下さい、タネも仕掛けもありません!」
たしかにタネも仕掛けも無いw

>ヤ「あ・・・ありのまま今 起こった事を話すわ!
>『私達は奴を糸で封じ込めたと思ったらいつの間にか後ろに回りこまれていた』 
>な・・・何を言っているのか わからねーとは思うが私も何をされたのか分からなかった・・・ 
>催眠術だとか超スピードとかそんなチャチャなもんじゃあ 断じてねぇ 
>もっと恐ろしいものの片鱗を味わったわ・・・」
有名なあのお方の台詞ですねw

>ヤマメ「あ、ありえないことが起こったわ、人間を捕まえたと思ったら既に背後にいた、
>何を言っているか分からないと思うけど私にも何が起きたのか分からなかった」
超能力とか催眠術とかそんなちゃちなもんじゃ断じてねぇ!w

>ヤマメ「えッ!?どういうこと!?」
>キスメ「あ、ありのまま今起こったことを話すぜ…『網にかかっていたはずの人間が背後に回っていた』な、何を言ってるのかわからねーと思うが私にも何が起きたのかわからなかった」
>DIO「ふん、これぐらいはあいつにもすぐ抜けられるのはわかっている、時を止められるのだから」
>兵藤「ほぅ、なかなか面白いことになってきたのぉ…」
>カイジ「よし、そうだ…そのまま勝っちまえ…!」
>アカギ「そのまま倍プッシュだ」
>ロボ「(時を止めたのはわかる……しかし一人気になる奴が…)」
>DIO「ん?この私に何か疑問を持っているようだな…どうしてあのメイドが時を止められるのをこの私が知っているのかとでも聞きたいのか?」
>ロボ「な!?何故そこm…ハッ!?」
>DIO「それは私も同じことが出来るからだよ」
>ロボ「(い、何時の間に後ろにッ!)」

>紫「ねぇ…どうおもう……」
>パチェ「すごく……カオスです……」
カオスですねぇ(^^;





2009年12月16日

ヤ○ン「蜘蛛の巣だ!!」
くそうなんのキャラだかわからない(^^;

>凡骨「イワ―――――ク!!」
>キスメ「(誰!?)」
>王様「じょ、城之内君!?」
燃えるやつですねw

>咲夜「こうなったら・・・ロボ!消化する機能は!?」
>ロボ「・・・済まん、ない・・・。」
>咲夜「別に謝らないで、こんな状況は予測できなかったし。」
レーザーで吹き飛ばすことは可能っぽいですが
咲夜さんまで巻き込むのが(^^;

>咲夜の時計「12ジニナリマシタ、ヒガ ノボル ジカンデス。」コロナ発動!!
>ヤマメ「メ○ウス!?しかもまだ11時25分だし!」
>咲夜「いや、こんな機能知らないわよ!!」
>キスメ「しかも、コロナだと私達一撃じゃあ…」
>ロボ「というかこの距離だと私も危ないよな…。」
む?何のネタだかわかりません、申し訳ない(^^;

>ヤ「ひゃあはは、どうだ悔しいかぁ!?」
テーレッテー





2009年12月11日

>小「あ。来た」
>ロ「また通信か…」
>小「じゃぁ、パチュリー様のめーさく日記を…」
>ロ「いや、いらないんだが…」
ロボはどこに飛んでるのかw

>パチュリー「そんなにあの妖怪が気に入らないの?」
>咲夜「はい・・・って見てたんですか!?」
>パチュリー「通信の約10秒前には映像が見れるようになるの。」
まぁ、やられた分ぐらいはお返ししておかないとw

>(ヒューン ガンッ!!)
>キスメ「(痛い・・・・・・)」
>ヤマメ「キスメッ!許さんぞ・・・Kiss☆Summer!!」
ヤマメとキスメの関係がまだつかめてませんw
そんな関係なんですかね?w

>M大佐「見ろ、4コマ目の盥少女がゴミの様だ!はっはっは・・・。」
投げ捨ててますからねー(^^;

>ヤマメ「キスメに手を出すとは許せん!」
>咲夜「そっちからやってきたのに…まぁいいわ、力の差を見せてあげましょう」
>ダーマ「待てー!」
>ロボ「何か来た!」
>ダーマ「地獄からの使者!スパイダーマッ!」
>咲夜「なるほど…加勢というわけか…おもしろい…」
>ロボ「な…なんか変だぞ?大丈夫か?」
>ヤマメ「いくよ!ダーマッ!」
>咲夜「無駄無駄無駄無駄ッ!」
>ロボ「(い…一体何がどうなって……)」
>カイジ「俺はあのメイドが勝つほうに賭けるぜ」
>ロボ「うぉ!?誰だお前は!」
>キスメ「計画通り(ボソッ)」
>DIO「では私も少し戦闘を拝見していくとするか」
>キスメ「(誰!?というか何時の間に!?)」
>アカギ「面白い……狂気の沙汰ほど面白い……」
>兵藤「ヒッヒッヒ、ワシも見学させてもらおうかねぇ…」
>ロボ「(こいつら一体なんなんだー!?)」
>キスメ「(怖いよ〜)」
>ざわ……ざわ……

>紫「うわぁ、なんだか凄いことになっちゃったぞー」
>パチェ「どういうことなの……」
どういう展開なの・・・・w

>パチュリー「でも、時の能力は止めてね。分かりづらいから。」
>咲夜「厳しいですね・・・。」
たしかに時止めるとわかりづらいですよねw

>少女1「えーまじー?咲夜と戦うのー?」
>少女2「死亡フラグじゃーん♪」
>少女1「咲夜が苦戦する相手はお嬢様、妹様、脇巫女に白黒だもんね〜♪」
>少女ズ「きゃははははは♪」
しかし時を止める相手にどうやって霊夢たちは勝ったのかw





2009年11月26日

>パチェ「雨雲の杖と太陽の石はちゃんともった?」
>サクヤ「それ幻想郷入りしてたんですか?」
メイリン劇場なら十分ありそうな道具ですね(笑
まぁ、虹のしずく必要ないですけどもw

>社長「地底へ行くぞ!全速前進DA!」
>咲夜「貴方は行かなくていい。」
>閣下「えい、こ〜い!」
>指揮官「閣下に続けー!」
>軍隊「「そりゃー!」」
>ロボ「もう、行っているのが多くいるぞ?」
>咲夜「どうやら、地底の宝狙いね。」
しかし地底に宝は無いというw

>パ○ー「このままでは、お空が王になってしまう・・・。
>略奪よりもっとひどい事が起きるに違いない・・・!」
お空は絶対的な力もってますからねぇw

>紫「さてと、正月までひと眠りしますか・・・。」
>藍「紫様・・・地底はどうなさいますか?」
>紫「めんどいから、貴方やって。」
>藍「えぇっ!?」
いやいや、紫はこのあと紅魔館に戻ってサポートをw

>咲「というか…今どの辺なのかしら」
>ロ「GPSが役に立ってない…というよりも…付いてない…?」
>咲「一体どんな改造されたのよアンタは」
>ロ「ログすら見たくもないな…」
作者の気分しだいで能力が自動的に追加されるというww

>AIBO「無責任な押し付けはもういいよ!」
>杏「あんた・・・最低よ!」
>凡骨「ちょームカつくぜ・・・!」
>王様「紫、いい加減にしろ!」
>社長「恥を知れ!!」
>紫「ちょ!?何で私が叩かれるの!?」
>闇サトシ「うるせぇ!ほざいてろ!」
紫がフルボッコに(^^;;

>こんな遊戯王+ラピュタ+デスノートはある意味凄い・・・。(多いな
>「http://www.youtube.com/watch?v=RN8ZNwG9Kv4」←チートな社長と王様
>「http://www.youtube.com/watch?v=UUwlYwgbcX0」←凡骨よ永久に・・・。
>「http://www.youtube.com/watch?v=cC2__QpPUm0」←ムスカに代わるラピュタ王が現れた。
>「http://www.youtube.com/watch?v=dPbcak4ydbc」←踊る大佐!
>「http://www.youtube.com/watch?v=f6-1ahtCgRU」←これからは・・・僕が電機店の神になる・・・!
>「http://www.youtube.com/watch?v=SjtfhlO11z8」←社長の電機店
>(多すぎて済みません
確かに多いwww





2009年11月23日

>キスメ「親方ー!空から女の子のロボットがー!」
ラピュタ?w

>顔芸「ゴリラゴォッ!」
>さて、何人がこんなかんじのコメントをしてるんだろうか・・・
ゴリラ語は一人だけだったようですねw

>マリク(顔芸)<ドリラゴ召喚!
>パチュリー(変なの来たー!) 
>紫(面倒だからこいつの送りましょうか)
>夢美(だからコイツも改造しますか↑<喜>
>マリク(顔芸)<なに!や・止めろーー(悲)
マリク改造?

>パチェ「どうせならロボ美鈴にゲッター線を当てて真・ロボ美鈴っていう感じにしてみたら?」
>夢美「いいかもしれない!!」
>ロボ美鈴「!?」
メイリン劇場だとパチュリーと教授は意見があいそうですなぁw

>夢美「勿論、あんなドリルもこんなドリルも、フフフ・・・。」
>ロボ「止めて欲しい・・・。」
教授の妄想が止まらないw

>ロボ美鈴「(こんなのが私を作ったのか・・・)」
>夢美「あ、そうだロボ。貴方も一応女の子だから言葉遣い変えてみたら?
>私の事をお、『お母様』って呼んだりして。(ハァハァ)」
>ロボ「こ、断る!ってそこ何ニヤニヤしてる!?」
>パチュリー「別に〜W。」
今ロボが言葉使いかわったら怖いなぁ(^^;





2009年11月17日

>チ「ここはサイキョーのあたいの出番でしょ!!」
>大「あ、危ないよチルノちゃん!!」
>ル「プリズムリバー三姉妹、出る」
>メ「いっぱい演奏するわよ〜!!」
>リ「じゃ、お先〜」
>ル・メ「待てぃ!!」
>妖「出番ですか!?」
>幽「あらあら、張り切ってるわね妖夢」
>慧「果たして満月の力が地底まで届くのかどうか、それが問題だ」
>兎「私にもようやく出番が!!長かった…!!」
>輝「いや、あなた妖怪扱いでしょうが…」
>永「ここはやはり、私と姫の出番ね」
>香「…僕もそういう扱いなのかな…」

>橙「藍様〜、幻想郷中から結構な数の手紙が!!」
>藍「皆必死だな…」
永夜抄以降は決められたキャラしか出てきてませんからねー
果たして復活するのかどうか…

>新八「ツッコミ百烈拳!!!」
ぱっつぁんならやってくれそうですねw

>紫「魔理沙、取りあえず貴方が行きなさい。」
>魔理沙「む、無理だぜ・・・行ったら過去の姿に戻っちゃうぜ・・・。」
>紫「やれやれ・・・。」
>魅魔「しょうがない・・・私が行こうか?」
>魔理沙「み、魅魔様!?」
>その後、地霊殿メンバーと魅魔の大戦の際に放った
>ミマスタースパークで真上の博麗神社が吹っ飛んだ・・・。
魅魔様が出たら大変なことになりそうですね〜w
神社が吹っ飛ぶのは確定かw

>紫「こうなったら、霊夢と魔理沙、序に門番もスキマで!」
>霊夢、魔理沙「HA☆NA☆SE!!」
>美鈴「あれ?確か、私は咲夜さんの看病受けて・・・?」
>(一方)
>咲夜「メ、美鈴が・・・消えた・・・?」
しかし美鈴は動けないというw

>松岡「温泉?ダメダメ、諦めろぉ!」
>オマケ→http://www.youtube.com/watch?v=8VxdzB4nuTM
11月6日は松岡祭りでしたねーw





2009年11月13日

>鬼柳(出番のを寄越せー)
>魅魔(私の出番もほしいよ) 
>諏訪子・かなこ(私たちも)
>てるよ(わたしも)
>ルーミア(私もなのかー)
>チルノ(私だって(皆言っているから合せてる)
>神主似の住民(私も欲しいですね)
>こーりん(僕も)
>鬼柳(皆つられるなーー)
キャラ増えてくるとだしづらいキャラもいますからねぇ(^^;

>夢「あとは緑色のと丸いのがいれば…ジュルッ」
>紫「あ〜もぅ、これだから人間は…」
>霊・魔「あいつらと一緒にするな」
>ち「私も入ってるのか!?」
>紫「あ〜も〜…本当にどうしようかしら…」
今のところおかしいのは教授だけですねw

>夢美「そして、その下には勇者ライディーンとか、ピアル星人の巨大ロボットとか・・・
>あ、もしかしたら伝説巨神も!?」
>紫「じゃ、貴方行ったら?」
実際には教授向かわせて見たい気持ちはあるんですけどね〜
大半の人がオリキャラと勘違いしそうでw

>悟空「地上よりつえー奴か〜。何だかオラ、ワクワクしてきたぞ〜!」
なぜここでゴクウがw

>(パターンA)
>夢美「私の計算では、間欠泉はあと数時間後に大きくなるわよ。」
>霊夢「いいじゃない?財政的に。」
>夢美「で、間欠泉の元はこの神社の真下・・・。」
>霊夢「どういう事?」
>夢美「最悪、耐震構造しても神社の下から温泉が沸き・・・。」
>霊夢「・・・(ゴクリ)」
>夢美「神社が吹っ飛ぶ。」
>霊夢「!!・・・仰せの通りに!!」
あ、実際に間欠泉で神社が吹っ飛ぶっていうのは考えましたw

>パターンB
>紫「霊夢、地底には強力な妖怪がいるわよ。」
>霊夢「それがどうかしたの?」
>紫「間欠泉は元々、地底にあるから、彼女たちのもの・・・。」
>霊夢「・・・ゴクリ」
>紫「温泉やっても、お金は地底の妖怪のものよ。」
>霊夢「!!・・・仰せの通りに!!地底の妖怪共を削除ぉぉぉ!」
>魔理沙「霊夢、落ち着け。」
いや、霊夢のことだからお金は渡しそうにないようなw

>凡骨「全く、チョー頑固な脇巫女だぜ・・・。」
>霊夢「何ですって?」
>凡骨「ウェェッ!?ちょちょっとタン・・・イワ―――ク!!」
凡骨なにしにでてきた(^^;





2009年10月5日

>悟空「そんな気じゃ駄目だ!オラも手伝うから頑張れよ!」
>遊戯「覚悟しろよ・・・この天人野郎!!」
>社長「グズグズするな遊戯、凡骨!俺達も行くぞ!」
>凡骨「凡骨って言うな!」
>ヨハン「やぁ!何だかわからないけど、デュエル会場って何処?」
>月「魅上、何してる・・・奴の力を貸せ・・・あの天人を・・・殺せぇぇぇ!!」
>魅上「仰せのとおりに!!」
>松田「よし、抹殺だ!やってやる!」
>アンパンマン「もう許さない!」
>スパイダーマ「許せる!」
>ゴッドマン「幻想郷が危ない!」
>コンバット「せっかくだから俺はこの赤い人を応援するぜ!」
>梨花「みぃ〜☆・・・少し、頭冷そうなのです・・・。」
>羽入「僕は貴方(天子)の意思には負けない!皆が・・・。」
>レナ「あははははははははははははは!!!」
>紗都子「落ちろぉ!落ちちゃえぇぇぇぇ!!」
>詩音「あはははは!中身ぶちられてぇのか!」
>魅音「あ、あるぇ〜?私だけまとも?」
>羽入「あ、あうあうあう・・・。」
>ムスカ「ラピュタは滅びぬ!何度でも蘇るさ!」
>刹那「俺が・・・ガンダムだ!!」
>アムロ「僕が・・・一番ガンダムを上手く使いこなせるんだ!」
>ルルーシュ「ルルーシュ・ランページュの名により命ずる・・・戦え!」
>ディケイド「いいぜ。手伝ってやるぜ。」
>ディエンド「勘違いするな。僕は緋想の剣が欲しいだけだ。」
>W「止めてやるよ・・・俺が、いや、俺たちが・・・!」
>美鈴「うおぉぉぉぉぉ!?何だか凄い力が!?」
>霊夢「だ、大丈夫なの?」
>美鈴「大丈夫!喰らえぇぇぇ!!!」
>天子「え・・・・・ちょ・・・!?」


>こうして幻想郷は救われた・・・。
なんかもうよくわからない展開にw

>ロ「ん…なんだ?このパワーは」
>レ「どうしたロボ」
>ロ「紅魔館を破壊したのと似たエネルギーを感じたんだ」
>レ「何ぃ!?」
>紫「えぇとどれどれ…?…わぁぉ」
>レ「何が起きたの!?見せなさい!!…うゎぁぉ」
>魔「私にも見せろ!!」
>パ「私にも!!」
>咲「私にも見せてください!!」
>レ・紫「なぁんてね」
>一同「うぉぃ!!」 [18:20] 設定
>美鈴「GNハイメガランチャー発射!!」
>霊夢「なんか違うわよ!!」
>萃香「毒性のあるGN粒子を撒き散らすのはやめろ!!」
>天子「ちょ!!毒性があるって!」
ロボがいればGNハイメガランチャー使えそうですねぇw

>モモ(世界を救うため俺参上!)
>霊夢・天子・翠香・美鈴・衣玖(誰?)
>モモ(そんな事度でもイーんだよ!いくぞ!カメ・クマ・小僧!)
>モモ(俺の必殺技幻想郷バージョン!)
>ウラ(いきますか!)
>キン(行くで!)
>リュウタ(お前倒すけど良いよね答えは聞かないけど)
>天子(え・・・)
>平成ライダー全員(俺たちも行くぜ)
>アメイジンクアルティメットクウガ(おりやーーー)
>シャイニングアギト(はーーーーーてりゃ!)
>龍騎サバイブ(これで終わりダー)
>555ブラスター(行くぜ!)
>剣キング(ロイヤルストレートスラッシュ!)
>響鬼アームド(はーーーはぁーーー)
>カブトハイパー(おばあちゃんが言っていた人が困ってるときは必ず助けるそれが天の道)
>電王ライナー(なんだか分からねーが行くぜ良太郎!)
>良太郎(うん!)
>キバエンペラー(気張って行く良くぜー)
>ディケイドコンプリート(これがライダー達の力だ!)
>ディエンド(僕を忘れないでよ!)
>W(さーお前の罪を数えろ!)
>天子(いい加減にしてーーーー(泣)
もうメイリン必要ないじょうたいにw





2009年9月30日

>意外な助っ人@
>天子「これで最後だぁ!!」
>霊夢「ヤバいっ!」
>ズキュ―――ン!!
>天子「っ!(肩に撃たれる)」
>霊夢「?・・・まっつあん!?」
>松田「(銃構え)・・・。」
>天子「・・・!!バカヤロォォォ!!あんたぁ何で邪魔をする!ふざけるなぁぁぁ!!」
>松田「何だったんだ・・・君のお父さんは一体何を・・・!?」
>天子「は?お父様?何の事?」
>松田「父親を死に至らしめて・・・タダで済ませるのかぁ!」
>天子「・・・あの、お父様は健在ですけど・・・。(近づこうとする)」
>霊夢「お、落ち着いて!」
>萃香「罠だ!誰かが天人を貶めるために仕組んだ罠だ!」
>松田「(ドアップ)うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
>バキュンバキュンバキュン!(松田、連続射撃、天子倒れる)
>松田「殺す・・・こいつを殺さないと、駄目だぁぁぁぁぁ!!!」
>バキューン!!(とどめの一撃)
>天子「うぅ・・・この私がそんなちっぽけな武器に・・・何だこのオチは・・・。(バタンキュ〜)」
>衣玖「大総領娘様・・・。」
>霊夢「終わったわね・・・。このシリーズ。」
>美鈴「な、何だかわからないけど、流石は新世界の神を抹殺した男・・・。」

>(OP)
>まっつあ〜んあばよライト君
>まっつあ〜ん宜しく再就職
>抹殺刑事〜まっつあ〜ん♪

>月「勝った・・・これで幻想郷が滅ぶ心配もなく、僕のものとなる日が一刻と近づいていく・・・。計画通り!」
まっつぁん最強説がw

>意外な助っ人A
>天子「これで最後だぁ!!」
>霊夢「ヤバいっ!」
>[クウガ!アギト!龍騎!ファイズ!剣!響鬼!カブト!電王!キバ!ファイナルカメンライド・ディケイド!!]
>天子「え!?」
>ディケイド「(コンプリートフォームで登場)この世界は誰の世界だ?」
>天子「誰よあんた!?何様のつもり!?」
>ディケイド「何様?通りすがりの仮面ライダーだ・・・覚えておけ!!」
>天子「生意気な!」
>衣玖「(この空気・・・あのディケイドと言う者の空気は触れたものを破壊する・・・まさに破壊者!)」
>ディケイド「俺と戦うつもりなのか?ま、この様子だとこの世界が吹っ飛びそうだから助けてやるか・・・。」
>[ファイナルアタックライド・ディディディケイド!!]
>ディケイド「はっ!」
>萃香「飛んだ!?」
>霊夢「一体何を!?」
>(ディケイドの前方にカードらしき物体が数枚浮き上がり)
>天子「・・・え?」
>ディケイド「でやぁぁぁっ!!」
>(ディケイドコンプリートフォームのキックが天子に炸裂!)
>天子「がはぁっ!こ、こんな事で・・・何このオチ・・・!」
>ドカーン!(天子、爆☆殺!)
>衣玖「そんな・・・総領娘様がやられるなんて・・・。」
>美鈴「な、何だか分からないけど、凄い蹴りですね・・・。」
>ディケイド「もう、この世界に用はない・・・(去る)」
>『世界の破壊者・ディケイド。幻想郷を救い、その瞳には何を見たのか・・・』

>鳴滝「毒には毒を持って制する・・・腑に落ちないが、ディケイドが来た事による異変はディケイド自らによって解決するとは・・・。流石は世界の破壊者・・・。」
ディケイドのコンプリートなら勝てるw

>闇サトシ「冗談じゃねぇ!俺は逃げるぜ!」
>コンバット越前「上から来るぞ!気をつけろ!」
まさに上からw

>霊夢「幻想郷の皆!私に賽銭の力を!!」
賽銭玉!(ぇ

>藍「目標、覚醒が終了した模様」
>紫「そう…戦況は?」
>藍「な…!!天人が幻想郷を破壊するほどのエネルギーを発しようとしています!!」
>紫「何ですって!?総員第一種戦闘体制!!」
>橙「にゃぁぁぁぁぁぁぁ!?」←最前線に出る為
しかし紫様は今 紅魔館にw





2009年9月28日

>天子「二度もぶった!お父様にも打たれたことないのに〜!」
>衣玖「そんなんだから、今の性格になられたのですね・・・。」
お嬢様体質ですねw

>文「速い…?」
>椛「え?もしかして対抗意識燃やしてるんじゃ…」
この私より早く動こうとしている!?気に入らない!
ってやつですかねw

>『ニコニコライド第4弾イメージムービー』
>(鬼柳×東方の拍手に対抗意識を持つあまりに・・・。ちなみにイメージムービーはガンバライド公式HPでも見れます)
>{遊戯・太子対ムスカ・ドナルド}
>ドナルド「今度一緒にお話ししようよ♪」
>遊戯「相手になってやるぜ!」
>太子「食らいやがれ!超必殺飛鳥文化アタック〜!」
>ガッ(ムスカに攻撃くらう)
>太子「ポピー!」
>ドナルド「ドナルドマジック!」
>(遊戯避ける)
>太子「このやろー油断した!」
>ムスカ「この程度かね?」
>[ニコニコライド!キワミ!]
>キワミ「フタエノキワミ、アッ―――!!」
>『キワミ』
>遊戯「知っているぜ・・・俺のターン!攻撃表示で召喚!」
>(新キャラ召喚、ちなみにガンバライドはディケイドがカメンライドですが)
>ベジータ「俺は・・・超ベジータだ!!」
>『超ベジータ』
>ムスカ「緊急事態により、私が臨時に指揮を執る!」
>[ニコニコライド!ライト!]
>月「罠だ・・・粉バナナ!」
>『夜神月(キラ)』
>遊戯「なら、次はこれで攻撃表示で召喚!」
>(新キャラ召喚)
>なのは「少し、頭冷やそう・・・。」
>『冥王なのは』
>なのは「はっ!」
>月「止めろ!」
>(なのは攻撃、月避ける)
>遊戯「行くぜ!魔道戦士ブレイカーで追加攻撃!!」

>『ニコニコライド第4弾』
>セリフのみだと分かりづらいのでので公式HPのムービー見ながらお楽しみください。
確かに台詞のみだとよくわからんですねw
とりあえずムービー見てみます

>鬼柳DS(ワンキルされた・・だがまだまだ次はそこの背中にどでかいの背負ってるやつ)
>かなこ(私?・・・まーいいややりましょうか)
>鬼柳DS(満足させてくれよ?)
>かなこ(ドロー!よし未来融合発動!ワームゼロを選択しデッキのワームたちを墓地にカードを四枚セット・ブェノム・スネークを召還ターンエンド)
>鬼柳DS(俺のターン!インフェルニティ・デーモンを召還し攻撃!)
>かなこ(トラップ発動!ダメージ=レプトル効果でブェノミノンを特殊召還攻撃力8000)
>鬼柳DS(ち・・カードを一枚セットターンエンド)
>かなこ(ドロー!地割れを発動インフェルニティ・デーモンを破壊そしてブェノミノンで攻撃!)
>鬼柳DS(トラップカードオープン!デプスアニュレット)
>かなこ(神宣)
>鬼柳DS(またワンキルかーーーー)
守矢神社連中はつよいなw





2009年9月21日
>パ・レ「ん…!?」
>咲「どうしました?」
>レ「いや、どこかで感じたことのある何かが…」
>パ「結構前だから何かは分からないけど…」
>ロ「こいつは…あのバカか!?」
>魔「何かあるってか?」
>咲「ん〜…何ですか?」
>レ・パ・ロ「これだから人間は…」
>魔・咲「ちょ!!?」
人間には気配を感じ取ることが出来ないんですかねw

>パチェ(この感じまさかまた覚醒したというの!)
>咲夜(何で分かるんですか?)
>パチェ(ただなんとなく言いたかった)
>魔理沙(・・・)
>咲夜(・・・)
>レミリア(・・・)
>鬼柳(・・・)
>パチェ・レミリア・咲夜・魔理沙(何でまだいる!?(スネーク発見音))
>鬼柳(あんなんで満足すると思ったのかまだ途中だったからな)
>パチェ(!!まさかあの時・・)
>鬼柳(そんなんで満足するために・・)
>レミリア・パチェ・咲夜・魔理沙(いい加減にしろーー)
>レミリア(レットデーモンズドラゴンの攻撃!!灼熱のクリムゾンヘルフレアー)
>パチェ(ファイブゴット以下略の攻撃!!)
>咲夜(アルカナフォース21ザ・ワールドの攻撃!!オバーカタストロフ)
>魔理沙(スターダストドラゴンの攻撃!!シューティングソニック)
>鬼柳(ちょ・・まっ・・放送できません)
>一同(やったわ・ね・ぜ)
>鬼柳ダークシグナー(そいつはどうかな?)
>一同(生き返った!ーー)
>鬼柳(次のコメに続く)
>一同(こいつ続ける気満々だ!)
どうしてそうなったww





2009年8月10日

>天子「しかし、先ほどのお払い棒を見た限り試すまでも無いみたいだけど」
>霊夢「試すって言うのは傷にもならない、なでることを言うの?手作りの巫女服は破けだけど」
>天子「っふ、くだらない誘いに乗ってあげるか」
>・・・・・・あ〜なんか他にも書く人いそうだなあDIOネタだし
まぁ、天子の台詞がDIOですからねぇw
思いつく人はいっぱいいるでしょうw

>霊「あんたにゃそのセリフは似合わないわよ」
>天「何ですって?」
>霊「そのセリフは胸に秘めたモノで時間を止めるメイドが言うべきセリフよ」
>萃「本人いなくて良かったね…」
胸に秘めたモノってw

>霊夢「オラァ!(夢想封印)」
>天子「無駄ッ!(大地を鎮める石)」
>萃香「(二人の雰囲気が……謎のオーラを纏っている…)」
>天子「エイイッ!貧弱貧弱ゥ!」
>霊夢「ふ…流石は天人、ハッタリじゃねえようだな…」
>天子「どうした…ウォーミングアップにもなりゃしないな…」
>霊夢「やれやれだぜ…ならば…」
>萃香「(霊夢がおかしくなった…!?)」
>霊夢「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ―ッ!!!(夢想天生)」
>天子「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄―ッ!!!(全人類の緋想天)」
>萃香「(あわわわわわわ……)」
天子最初強いがあとで負けるハメにw

>天子と霊夢の戦いの傍らでは萃香が別荘探しにいそしんでいた。
>萃香「ここが見晴らしがよさそうだね♪」
なんか萃香は神社ほっぽって天界に住みだしそうなんですよねぇw





2009年6月15日

>王様「うるさいぜ!少し黙ってろ!」
>社長「いくら目立っても貴様は所詮、凡骨並みだ!」
>凡骨「海馬!俺はそんなに影薄くないわい!」
凡骨は影薄くないですよねw

>萃香「(本当かな〜?)」
萃香は確かにそう思ってるでしょうなw

>衣玖「殴りましたね・・・総領様にもぶたれた事ないのに!」
>萃香「それが甘ったれているという事だよ♪」
>美鈴「そのわりには楽しそうね・・・。」
殴って何が悪いかとか言い出すんですね(笑

>龍騎「俺のって13人のライダーは多いと思うか?」(ライダー初の最多、女性ライダー登場)
>響鬼「俺のはライダーとは違う印象だけどな。鍛えてます!ヒュッ」(和風ライダー)
>555「まぁ俺のベルトなんか鉄人みたいに敵に奪われた事もあったからな・・・。」(ライダー初の携帯で変身)
>カブト「おばあちゃんは言っていた、高速で動くヒーローはあまり少ないと・・・。」(ライダー1高速)
>桃「俺達の人気は放送終了してもクライマックスだぜ!」(放送終了しても最多に劇場版出るほど人気)
>剣「俺のは・・・ってウェ!?橘さん!2ちゃんねるに俺達なんか変なレッテル貼られているんですがwww」(オンドゥル語、ある意味大人気)
>キバット「なんか昼ドラみたいな展開でも気張って行くぜ〜!」(ドラマ性が高い)
>アギト「そもそもライダーが多数出たのはうちですね。」(1作品に3ライダー登場)
>クウガ「やはり元祖平成ライダーは俺でしょう。」(TVシリーズで最初の平成ライダー)
>一条「え?ZOが最初の平成ライダーじゃないのか?」
>J「俺なんかオールライダーの予告編すら出てないぞ!なんか仲間外れにされた気分だ!」(ライダー初巨大化できる)
>士「・・・ようするに、年ごとに色んなジャンルで試しているということか・・・。」(平成ライダー10周年!あとライダー史上初、デザインがダサい)
>G「俺はオールライダーに出るのか?」(SMAPライダー)
毎年色々と挑戦してますよねぇライダーはw
大当たりは電王だったんですかね〜
やはり乗り物系は強いということかw

>衣(フフフ、かかりましたね、これが我が逃走経路です!)
確かに今の状況だと負けるふりしてそのまま逃走できそうですねw





2009年6月12日

>龍騎「俺普段からキック力20tなんだけどこれで止めに入ると逆に危ないかな?」
>響鬼「普段からパンチ20tキック40t!毎日鍛えてます!ヒュッ」
>555「悪かったな最終形態でもパンチ4tキック8tだよ」
>カブト「おばあちゃんは言っていた数字なんて飾りですと・・・(ハイパーで10t15t)」
>桃「俺達は最初から最後までクライマックスだ!(5t→8t 7t→10t)」
>良「それってあんまり進歩してないってことじゃ・・・」
>剣「キングフォーム4.5tに7t・・・ってウェ!?ちょっと所長www」
>753「キバのエンペラーフォームが18tに32t?切の悪い数字はよしなさい!」
>アギト「う〜んパンチ力下がっちゃたな・・・(25t(バーニング時)→15 15t→30t)」
>クウガ「もし俺が自分を失ったら一条さん止めてください(80t 100t)」
>一条さん「無茶を言うな五大・・・」
>士「誰だ?こんなばらつきのある連中を1番組にまとめると言い出した奴は?俺下から4番目じゃねぇか・・・
>(コンプリートフォーム12t 16t)」
結構作品によってパワー全然違うんですよねー
通常時は響鬼が一番強いのかな?
そう考えるとクウガが魔化魍に手も足も出なかったのもうなずけるw

>社長「何!?余裕ながらもやられるとは!?」
>王様「自身にも程があるZE!」
まぁ社長はよく 余裕ぶって究極龍だしてやられますよね(笑





2009年6月9日

>ジャ「レディ・・・ゴ――――!!」
>萃香「うひゃぁ復活した!」
>美鈴「だからしつこい!」
しつこいのがジャッジメンですからなぁw

>社長「白黒め、こんな所で倒れるとは・・・磯野!」
>イソノ「はっ!弾幕デュエル開始―――!」
>王様「審判を代用するとは流石だな海馬・・・・・。」
ちゃんとした審判が出てきましたね

>美鈴「ナイフに比べれば貴方の雷など飾りです。天人にはうちのメイド長の凄さが分からないですよ。」
>衣玖「なんか腹立ちますね・・・・・。」
まぁ、メイド長のナイフも美鈴には殆ど聞いてませんけどね(笑

>ユウスケ「士、大変だ!お見合い相手の顔は同じだった!」
>士「こっちは忙しいが、そうか・・・やはり選ぶ事は失礼・・。」
>ユウスケ「違うわ!あいつら人間じゃねぇ!!」
なんか最後変な顔になってましたねあの人たち

>AIBO「全く・・・人騒がせにも程があるよ・・・。」
台詞が何にかかってるのかわからんですわ(^^;





2009年5月28日

>チルノ「あたいの冷気を操る力で気温を下げてレティをパワーアップさせて、
>そのレティの寒さを操る力であたいの力を強化する無限コンボで行きたかった!」
>レティ「決定的の速さが足りなかったわね。」
>2人の能力は微妙に違うらしい。
>チルノは冷気を操り物理的に気温を下げたり氷を自在に操るが
>レティは雪女なので寒さをより寒くするなど体感温度的な寒気を操るらしい。
>遭難者とか一発で凍死させられるかも。あれでもチルノの方が強くね!?
能力的に見るとチルノのほうが強そうですなぁw
ただHなので力の使い方が下手なのでしょうw

>チルノ「あ、白・・・。」
>霊夢「追加攻撃!!」
一番最初にチルノ出てきたときに美鈴にやったネタですねw

>社長「ふぅん、貴様なぞ、瓦礫の中に埋もれていろ!」
>チルノ「・・・ちょ−むかつく。」
>社長「・・・許さんぞ・・・貴様―――!!」
>王様「落ち着け海馬!大人げないZE!」
社長は大人気ないから仕方がないw

>チルノ「んじゃAチルノ!異世界のあたい!」
>レティ「それって同人だから東方と関係ないんじゃ・・・。」
Aチルノは強いですねw

>霊夢「レティ!私の勝ちよ!約束、言って!黒幕はどこなの!?」
>レティ「・・・。」
>霊夢「んじゃBA☆KA――!!言え――!黒幕は何処だ―――!!」
>みすち「(影からコッソリ)可哀想な2人・・・。」
今回の話に二人はまったく関係ありませんからねw

>H「レ、レティの奴、息すらしてないよ!・・・おのれ脇巫女!!」
大丈夫!死んでない!死んでないよ多分!(ぇ

>「通りすがりのジャッジメンだ、弾幕ファイトー…って、もう戦闘終わってる!?」>(ジ)
>「…」>(チ)
>「…」>(レ)
>(最初はメディスンにしようかとも思ったけど出歩かないそうなので変えました
メディさんはあの場所から外には出てきそうにないですからねー(^^;

> チルノ「馬鹿な!チルノが!このチルノがぁ!!」
>レティ「グハッ……!!」
>霊夢「アリーヴェデルチ(さよならだ)」
>ジョ「あまりにも……あっけなさ…すぎる…」
>霊夢「うぉ!いつここに!?」
>DIO「関係ない、行け」
>霊夢「あら、じゃあ私は行かせて貰うわねw」
>ナラ「ワハハwこいつら雑魚じゃんwバッカじゃねぇのw」
>チルノ「ば、馬鹿っていうなー!このバカー!!」
>ナラ「うるせぇぞこのガキ!」
>チルノ「あんただってガキじゃないの!」
>ナラ「あ゙?やるのか?」
>チルノ「じょーとーよ!」
>ジョ「あぁ…ナランチャ…君って人は…」
>DIO「ふん、馬鹿に用はない、帰らせてもらう」
>ナラ&チル「だから馬鹿って言うなーー!!」
そういえばナランチャも馬鹿でしたねぇw

>大妖精「チルノちゃん遅いなぁ。私が『三本の矢』の話を教えたら
>レティさんを呼んでくるってどっか行っちゃったけど、何処まで探しに行ったんだろう?」
Hに下手な知識を与えたらいけませんねw





2009年5月27日

>社長「れれれ冷静になれ!脇巫女!」
>王様「これ以上の追い打ちはお前たち東方キャラの誇りに傷つくだけだ!」
まぁ、霊夢は自分の障害になる物には容赦しませんからw

>チルノ「行くわよレティ!」
>レティ「えぇ!」
>霊夢「ふん、雑魚二人が私の相手になr……」
>チルノ「ホルス神!」
>レティ「ホワイト・アルバム!」
>霊夢「なに!?幽波紋ですって!?」
>レティ「これで私たちが勝ったようなものね!」
>チルノ「霊夢なんかブッ飛ばしてやる!」
>霊夢「『ブッ飛ばす』?そんなんだから雑魚扱いされるのよ…」
>チルノ「えっ!?」
>レティ「な、なにを言っていr……」
>霊夢「私のようなプロはね!そこら辺のナンパ道路や仲良しクラブで『ブッ飛ばす』
>『ブッ飛ばす』って大口叩いて仲間と心をなぐさめあってるようなEasyシューターとはわけが違うのよ!」
>チルノ「!?」
>レティ「!?」
>霊夢「『ブッ飛ばす』と心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!」
>チルノ「な!」
>レティ「なんですってーーッ!!」
>霊夢「霊符『夢想封印』!!」
>チルノ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!」
>レティ「いやぁぁぁぁぁぁぁぁああ!!」
霊夢!プロシュートの兄貴じゃないか!(笑
しかしホワイト・アルバムは相当強いぞ!w





2009年5月25日

>その頃霊夢は…
>ハッター軍曹「友よ…ここは危険だ…」
>ナレーション(CV立木)「重機動要塞ジグラット」
>霊夢「あんた誰よ!て言うかこのでかいロボは何!?」
>バーチャロンマーズの一場面っぽいことが…<ぇ
バーチャロンってやったことないんですよねー
操作がむずそうで(^^;

>衣玖「なんだかんだで サンダーブレーイク!!!」
>一同「あれは!グレートマジンガーの!!」
>衣玖「もういっちょ!スペースサンダー!!」
>一同「あれは!グレンダイザーの!!」
衣玖さんはサンダーとつく名の技なら使えそうですよねw

>社長「天気予報並に遅すぎDA!☆」
でもまぁまだ実際に地震起こってませんからねw

>衣「では、追加攻撃で再度地震が来ます。」
>美「もう止めて!とっくに神社のライフは0よ!」
実際には起こるみたいですからねw

>魅魔「私の存在はなくなりかけているのか・・・?」
魅魔様神出鬼没ですし 悪霊だから潰されないかとw

>美鈴「あんたが犯人?」
>衣玖「違います。」
>美鈴「何でもいいから、探して!そうしないと容疑者じゃない人がヤヴァ―――イ!」
>衣玖「ええっ!?」
色々なところに被害がw

>霊夢「あんたね! 神社を壊したのは!!」
>天子「何いきなり話しかけてきてるわけ?」
>霊夢「だからあんたよね、神社壊したのは!?」
>天子「おいやめろ馬鹿 あまり言いがかりをつけてるとお前が裏の世界でひっそり幕を閉じることになる」
>霊夢「むぅ、言いがかりって何よ。とりあえずあんたをブッ飛ばせばいい事でしょ」
>天子「その浅はかさが愚かしい どれが私が神社を壊したという証拠だよ 見ろ見事なカウンターで返した調子こいてるから痛い目にあう」
>霊夢「むぅ・・・たしかに証拠がないわね・・・ ところでTenshiさん」
>天子「何かようかな?」
>霊夢「地震を起こしましたか?」
>天子「起こしてない」
>霊夢「そうですかありがとう ところで緋想の剣って凄いですね」
>天子「それほどでもない」
>霊夢「やっぱり犯人だった! しかも緋想の剣を持ってるのに謙虚にもそれほどでもないって答えた!!」
これ何のネタでしたっけ?
なんかどこかで見たことがあるような無いような・・・

>その頃天界では…
>チーフ「あまりにも身勝手極まりない理由での犯行…比那名居天子貴様には超特別指導が必要だ…!」
>天子「あ、あんた誰よ!っていうか超特別指導って何よ!?」
>チーフ「MARZ戦闘指導要綱13番…一撃必殺!」(ブルースライダー炸裂)
>天子「ウボァー!!」
>チーフ「指導完了!」
>サルファやスパロボKに出てきたテムジンのパイロットのチーフはほぼスパロボオリジナルのキャラだそうで…
>ちなみにチーフの声はHALOでマスターチーフの声を当てていた谷昌樹さんです
天子には確かに指導する人が必要ですねw
もともとバーチャロンにはキャラ設定って言う物がないんじゃないですかね?
スパロボで勝手に?作られたような感じで、まぁ、あれはあれで良いような気もしますがw





2009年5月22日


>やはりそうだ・・・全ては天の者の仕業と言う訳か・・・KISS☆SUMMER!!
>byまだ神社を諦めていない社長
そもそもなんで社長神社狙ってたんでしたっけかw

>美鈴「とりあえず、弾幕しなさいよ!」
>衣玖「ええっ!?な、何なんですかー!?」
>萃香「(いっそのこと、あっちに別荘作ろう)」
衣玖さんって行く先々で戦闘に巻き込まれますよねw

>「通りすがりの龍宮の使いだ、覚えておけ!」>(19)
>「いや、さっきの言葉からしてここがあんたの目的地なんじゃないの?」>(中)
>「…まぁ、それはそうなんですけど」>(19)(お久しぶりに自分、参上
いや、手当たり次第に「地震が起きる」って伝えてるんで
通りすがりでもいいかもしれませんw

>美鈴「何故地震が起きるとわかるの?」
>衣玖「とある人が起こすからです」
>美鈴「そいつは誰なの?」
>衣玖「それは言えません」
>萃香「どうやって起こそうとするの?」
>衣玖「それも言えません」
>美鈴「それを止めるにはそいつを倒せばいいの?」
>衣玖「はい、そうです」
>萃香「そいつは何処に?」
>衣玖「それは言えません」
>美鈴「どうやればそこに行ける?」
>衣玖「それも言えません」
>美鈴「つまりこういうことね、『自分達で黒幕を探して倒さないといけない…………』」
>衣玖「Exactly(そのとおりでございます)」
なんか衣玖さんだったら普通にそんなやり取りしてくれそうですねwww

>霖之助「手伝わないぞ!僕は二度と大工仕事には関わらないからな!」
前回博麗神社倒壊した時は香霖が全額負担しましたからねぇw





2009年5月20日


>霊夢「海馬ー!あんたのオベリスクでしょう!?」
>社長「れれれ冷静になれ!博麗神社を狙う俺なわけないだろ!」
>美鈴「だからなんで狙っているの?」
>社長「それは、別荘として似合っているからDA―――!!俺も、憩いが必要でな。」
>AIBO「遠足にはぴったりの場所だね♪」
>王様「AIBO!シルバーポテチはおやつに入るのか!?」
>凡骨「やっぱ、幻想郷の空気はいいよなー♪」
>闇サトシ「おいおい、俺様を仲間外れにするなよ・・・。楽しそうじゃねえか?」
>顔芸「まさに遠足デス!」
>十代「まだウィルスないからセーフだよね?」
>ヘルカイザー「インフルエンザに負けたくない―!!」
>エド「イヤッッホォォォオオォオウ!」
>遊星「お前たちははしゃぎ過ぎる!家に帰るまでが遠足だぞ!」
>霊夢「とりあえず、皆帰れ!!!」
もう途中から何がなんだかw

>剣崎「ワーサカアイツガ!?(まさかあいつが)」
(0w0)ヒトニウラギラリタニタタカッチタノカ

>パチェ「地震の神ナ・マーズよ目覚めたまえ〜」
>レミ「召喚の代償は中国のお給料100年分で」
>サクヤ「既にお嬢様が使い切って向こう10000年分はありませんよ美鈴の給料」
美鈴って給料出てない可能性が・・・ww

>橘「やはりそういうことか!」
果たして前に戦った神かどうかw

>霊夢「覚悟しなさいよ・・・守谷神社!!」
>美鈴「ヤヤヤヤヴァいって・・・。
そしてまた守矢神社に逆戻りw

>ユウスケ「とりあえず、笑いのツボ使ったら?」
>なつみかん「キバーラのツボが分かりませんよ・・・。」
まぁ、キバーラは増えても問題無さそうですしw

>霊「まさか、あの山のガンキャノン!最初からこれが目的か!!」
>美「それはないと思う…」
>霊「じゃぁ、やっぱりちゆりが新しい爆発物作って…」
>美「…この人、どっかねじたりn(夢想封印」
まぁ、今回は人為的というか神為的?(ぇ
そんな感じなので疑っても仕方ないかとw





2009年5月6日

>咲夜「(そ・・そうよ。べ、別に美鈴のためにきたんじゃないんだから・・・
>す、少し心配になっただけで・・・ほ、本当はどうでもいいんだけど・・・)」
>美鈴「咲夜さーん??」
>咲夜「(心の中で助けを求めてたっていうか・・・心配だったっていうか・・・本当はどうでもいいんだからね!!)」
>美鈴「咲夜さーん???」
>咲夜「(そうよ!どうでもいいんだけど・・・なんていうか・・・その・・・)」
>美鈴「咲夜さあぁぁぁん!!何か知らないけどごめんなさあぁぁぁい!!無視しないでぇぇぇ!!」
素直じゃない咲夜さんw
そこまでツンデレかどうかはわかりませんがw

>にげる ←

>まりさ はにげだした!!
>しかし!!まわりこまれてしまった!!

>れいむ のむそうふういん!!
>まりさ は782のダメージ!!

>さくや のザ・ワールド!!
>さくや「最高に『ハイ』ってヤツだあぁぁぁ!!」
>まりさ に785のダメージ!!

>ゆかり のたいそうふくコスプレのこうげき!!!
>一同「うわああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
>さくや まりさ わきみこは にげだした!!
>たたかいに しょうりした!!
> 
>ゆかりは ジオングの処刑と ザラキ(コスプレ攻撃)をおぼえた!!
なんかゆかりパルプンテ使ったときに出てくる恐ろしい魔人みたいなww

>社長「まぁいい・・・俺も帰るとするか・・・。」
>霊夢「言っとくけど、神社は渡さないわよ。」
>社長「ふぅん、いつか貴様に神(エネコン)を見せてやる・・・。覚悟するんだな脇巫女・・・。」
エネコンで表示形式を変えるんですね(笑

>ブルー「ぬぬぬ・・・流石はライダー10周年・・・。殿!我々も歴代スーパー戦隊と供に!」
>レッド「もう内容は決まっているらしいから、無理だな。」
>ブルー「え?」
>グリーン「馬鹿だな〜。30以上の戦隊を並べたら、大変だぞ。」
まぁ、戦隊物はいつも前作と戦うやつやってますけどねー
なんとか戦隊VSなんとか戦隊みたいなw





2009年4月24日

>ウラキ君スピード解決!!
>ニナ「コウー!悪質なストーカーが追いかけてくる!!」
>コウ「何!!どこだ!!」
>バニング「ニナーー!ウオオオォォォォ!!!」
>サイレン音が鳴り響く。
>バニング中尉が好きな人。ごめんなさい。ν
バニングが酷すぎるww
変態という名の紳士ですね

>ガトーはいつの間にかロン毛になっていました。
>ガトー「あーあ。カリウスのせいで私のキャラがかわった」
>カリウス「どうでもいいです。とりあえず、ガトーだけデラーズに会わないでください。変な病気が移ります」
>ガトー「お前上の人を呼び捨てか?喧嘩売ってるのか?」
>カリウス「どうでもいいです。何か言い訳考えてください」
>ガトー「じゃあ私はまだソロモンでウ○コしていることにしよう。紙と筆無いか?」
>カリウス「汚いですね。少々お待ちを。しまった、筆がありません」
>ガトー「何で持ってないんだよお前!それでもお前筆ペン戦隊シルバーか?!」
>カリウス「なんだよ筆ペン戦隊って!!」
>ガトー「レッドはお前のこと期待してたぞ!!」
>カリウス「レッドって誰だよ!」
>ガトー「レッドことモモタロスさんはオレ俺詐欺が得意だぞ」
>カリウス「誰だよモモタロスって!!」
>ガトー「この前捕まった」
>カリウス「捕まったの!?」
>pspの限界です。ν
ああ、モモタロスの部分はフィッシュ竹中さんですねw




2363